家族葬のメリットとデメリット

一般葬では、近所の人や会社関係者にも広く声をかけるため、お葬式の当日まで誰が来るのか、何人来るのかがはっきり分からないことがほとんどですが、家族葬では遺族が案内をした人のみが参列するため、事前に参列者の数が明確になります。そのため、飲食接待にかかる費用が事前に計算でき、金銭面の準備がしやすくなります。

一般参列者のいる大人数のお通夜やお葬式の場合は、準備や段取り、参列者の接待などに遺族が奔走し、大きな負担になることがあります。香典の受け取りや受付だけでも長時間に及びますし、お葬式に参列して下さった方へのお礼状である会葬礼状や供物、供花に記載されている名前に誤りがないかを確認する作業や会葬御礼品の数の確認作業も大変になります。弔辞や弔電の数も多いため、名前や順番に誤りがないかの確認も慎重に行わなければなりません。通夜ぶるまいや精進落としの会食も、人数が多くなれば遺族が接待に忙しく走り回るというケースは珍しくありません。

その点、家族葬は少人数で行うため、そのような遺族にかかる負担を軽くすることができます。一般参列者に対しておもてなしをする必要がないので、受付や会葬返礼品などの準備はありません。会食も、小規模に内々で済ますことができるため、接待に神経を遣うようなこともなく、ゆったりと過ごせます。

さらに、遺族がお葬式に呼びたい人を自分たちで決められるので、精神面での負担の軽減にもつながります。故人の会社関係者や故人は知っていても、遺族にとってはあまり面識のない人などが参列すると、特に気を遣うものですが、家族葬の場合は呼ぶ人数も限られているため、そのようなことはまれです。

故人との最後のお別れの日に、ゆったりと余裕をもって過ごすことができるというのは、遺族が気持ちを整理したり、故人に想いを馳せる時間をつくるという意味で、とても大切なことです。遺族の人数が少ない、体力に自信がないなどの事情があって、準備や接待が充分にできそうにないという場合にも、家族葬にするメリットは大きいでしょう。