家族葬にかかる費用

家族葬にかかる費用は、どれほどなのでしょうか。費用の相場を紹介しますので、家族葬が気になるという方は予算と照らし合わせて検討してみるといいでしょう。

首都圏のお葬式に関する調査を実施している機関が2016年に行った家族葬に関する調査で、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の家族葬全体でかかった費用の平均金額は約115万円であることが分かりました。お葬式にかかる費用の項目は3つあり、お葬式一式の費用、飲食接待の費用、寺院の費用に分けられます。それぞれの項目の主な内容を見てみましょう。

お葬式一式の費用の内容は、祭壇や棺や受付台などのお葬式を行うために必要な物品や設備一式の利用料、お葬式を行う斎場や火葬場の使用料なども含みます。また、人件費も一式の費用に含まれています。飲食接待の費用とは、お通夜を営んだ後に行う通夜ぶるまいの会食や、告別式の後に行う精進落としの会食にかかる費用のことです。一般参列者のいない家族葬では、飲食接待の費用は事前にどのくらいかかるか分かります。寺院の費用とは、付き合いのある寺院から僧侶を呼んで読経や戒名をしてもらった際、その謝礼金として僧侶に手渡すお布施のことをいいます。

家族葬の費用をなるべく抑えたいという場合、お葬式一式の費用、飲食接待の費用、寺院の費用の3つのうち、どの項目を削減すればいいのかと疑問に思う人もいるでしょう。この中で大きく削減できるとすれば、それは飲食接待の費用です。お葬式で食事を出す行為には、本来故人に代わって参列者をおもてなしをするという意味があります。家族葬に参列するのが遺族だけで、食事を用意しておもてなしをする必要がなければ、飲食接待の費用をゼロにすることができます。

また、お葬式一式の費用も、削減できる場合があります。葬儀社にもよりますが、家族葬のプランから不必要なメニューを取り除くことによって、その分の費用を浮かすことができる場合があります。寺院の費用を削減する方法もあります。お付き合いのある寺院がない家庭であれば、読経や焼香を行わない無宗教のお葬式を執り行うことで、お布施の費用を抑えることができます。