家族葬で気を付けるべきこと

家族葬では、参列者の人数が少ないためにお葬式全体にかかる費用が安く、金銭面での負担が軽減できると思っている人も多いかもしれませんが、必ずしもそうではありません。反対に、遺族の持ち出し金額が一般葬よりも増えてしまうこともあります。なぜなら、参列者の人数が少ないと、受け取れる香典の金額も減ってしまい、香典の収入でお葬式の費用が賄えないということがあるからです。葬儀社のプランをよく確認した上で、予算に見合うかどうかをシュミレーションすることが重要です。

また、事前に訃報で身内だけで家族葬を行うこと、故人の遺志により参列を辞退することをお知らせしていても、当日になって、参列させてほしいという人が弔問に来ることもあります。この場合は、わざわざ来てくれた人をお断りするわけはいきませんので、急いで返礼品や料理の手配をしなければならなくなるという可能性があります。急な弔問であっても、故人を弔いたいという気持ちで来てくれている人ですので、まずは来てくれたことに感謝し、その人と一緒に故人を偲ぶ心の余裕を持ちましょう。

弔問に来られては困るという場合は、家族葬の案内を送るのはお葬式に参列してほしい人のみにしましょう。家族葬に呼ばなかった方には、お葬式が終わった後に家族葬を身内だけで行ったことを手紙で報告する方法が一般的です。ただし、人づてに亡くなったことを知った人で、家族葬ということを知らずに弔問に訪れるという場合もありますので、人が来るかもしれないという心の準備はしておいた方がいいでしょう。

家族葬の案内があった場合、一般の人は参列するべきかどうか迷うものです。家族葬で行うこととお葬式の日時と場所とが案内に記載されている場合、案内を受け取った人は自分が参列してよいものかどうか判断が難しいのです。その場合、遺族に直接電話で問い合わせがあることもありますので、お葬式に呼ぶ人のリストはすぐ手に取れる場所に置いておきましょう。

家族葬に誰を呼ぶかは遺族の自由ですし、呼ばれた人が参列するかどうかもまた、呼ばれた人の自由です。そして、家族葬であったために参列できなかった一般の人たちへの配慮も忘れないようにすることは大切です。